AmazonAPI レスポンスグループ補足説明(Reviews)


Reviewsについて

Reviews レスポンスグループは、カスタマーレビューを含むiFrameのURLを返します。

このiFrameを組み込むことで、各商品のレビューコンテンツをご自分のWebページに表示することができます。

[Amazon Product Advertising API 開発者ガイドより引用]

レスポンス要素

グループに含まれるレスポンス要素は以下の通りです。

ASIN

商品を一意に識別するために Amazon によって割り当てられた正の整数。

AverageRating

カスタマーが入力した全ての評価の平均。5が最高。

■Content

レビューの内容。

CustomerId

レビューを入力したカスタマーを一意に識別するために Amazon によって割り当てられた正の数。

Date

レビューの作成日付。

HelpfulVotes

このレビューが参考になったカスタマーの数。

Rating

レビューでのカスタマーの評価。5が最高です。

Summary

レビュー内容の簡単な説明。

TotalPages

レスポンス内の総ページ数。各ページに最大で10個の商品が表示されます。

TotalResults

リクエストにある商品の合計数。一度に返される商品は10個です。

TotalReviewPages

見つかったレビューのページ数。
1つのレスポンスで返されるレビューは10件までです。

TotalReviews

商品レビューの合計件数。

TotalVotes

レビューの投票総数。

レスポンスXMLのサンプル

今回対象にした商品は以下のもの。

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

上記XMLをご覧頂くと分かる通り、レビューの内容そのままでは無くIFrameURLの値が返って来ていますね。新しいAPIバージョンではこちらのフレームURLが返って来る仕様に変更されている様です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする