メルカリ用 出品支援ツールver2.5を公開


まず先に書いておきます。
このツールは、

『無料(基本無料の課金制とかではない)』かつ

『申請不要(フォームはありますが自動応答です)』

で、誰でも使用可能です。
※動作環境には制限あり

途中に簡単な紹介や仕様の説明を挟みますが、「先にツールをダウンロードさせてくれ!」という方は目次から飛んでもらって構いません。

メルカリ用 出品支援ツールとは

メルカリ出品者向けのツールで、出品や削除、停止、再出品といった商品の掲載に関する作業をサポートするためのツールです。という事で購入者とのやり取りについてはサポートしていません。

タイトルの「ver2.5」の通り、実は今までにも「自動出品ツール」と名付けて色々作って来ていました。ですが、ここで名前を「出品支援ツール」と改めます。(バージョン番号は継続)

「自動出品ツール」と聞くと、商品を登録すれば自動的に出品を繰り返してくれる様なソフトをイメージしますが、これはちょっと違いますからね・・・。

これは出品や削除、再出品のスケジュールを決めてその通りに動作させるというだけのツールです。イメージ的には「マクロ」が近いかもしれません。なので「自動化ツール」はちょっと言い過ぎかなーと思い『支援ツール』と改めました。

では具体的にどういう仕様なのかを解説していきます。

スポンサーリンク

ツールの外観

まずはツールの外観から紹介。

こちらがツールのメインとなるフォーム。起動時に表示されます。

そしてこちらが色々な設定フォーム。

上のメインフォーム内にある「設定変更」ボタンを押す事で表示されます。

操作する画面はこの2つのみというシンプルな構成です。

設定が必要な項目は以下の通り。

■画像参照フォルダの設定
 ⇒商品画像を格納しているフォルダを設定します。
  この設定を行っている場合、CSVには画像ファイル名のみ入力すればOK。

■商品データファイルの登録
 ⇒商品情報を入力したCSVファイルを設定します。(後述)

出品間隔
 ⇒出品後、次の出品までにどの位時間をあけるかという設定です。

1出品に掛ける時間
 ⇒
商品を出品するのにどの程度時間を掛けるかという設定です。

「下の2つの設定は何?」と思うかもしれませんが、ツールというのはその気になれば数秒に1個の頻度で商品を次々に出品できてしまいます。しかしあまりにも速度が速いと、メルカリ側に『ツールを使っているのではないか?』と疑われてしまう可能性があるので、あえて時間を掛けて人間が出品していると思わせるためにこういった設定を設けています。(一応書いておくと、メルカリは規約でツール利用が禁止されています)

多分、その他の使い方はなんとなーく分かってもらえると思うんですが、メインフォームの「リストシャッフル」ってなんぞやという様なのもあると思うので、細かい所はダウンロードファイルに含まれるマニュアルをご覧下さい。

(商品)データの登録の仕方

このツールで出品などを行いたい商品を登録する場合、「CSVファイル」を使用します。

そのため、CSVの編集が簡単に行える表計算ソフトなどがあると便利です。

OpenOfficeやGoogleのスプレッドシートでも構いません。

CSVのサンプルはこんな感じです。

設定可能な項目は全て網羅しています。

このCSVファイルは基本的に手動で作ってもらう事になるのですが・・・一応、設定変更フォーム画面の左下にある「出品中の商品を出力」というボタンを押す事で、現在あなたのアカウントで出品中の商品一覧をCSVにして出力する事が可能です。

出力したCSVは商品の処理方法(再出品や削除)だけ入力すればそのままツールに登録できる様に作られているので、既存商品の再出品とかであれば割とすぐに出来ます。

新規商品を登録したい場合でも、既存の商品データの名前と画像だけ修正するというだけであればすぐにデータは作成できるんじゃないかなと。表計算ソフトの機能をそのまま活用できるので、商品情報の一括置換なんかもやり易いのでは無いでしょうか。

その他、CSVに入力可能な値や制限などの詳細については、ダウンロードファイル内に含まれているマニュアルをご覧下さい。

とりあえず「どういう操作ができるか」だけ書いておくと、

・出品

・削除

・停止

・再出品(削除 ⇒ 出品)

・停止出品(停止 ⇒ 出品)

・更新

が行えます。

再出品などは同じデータを2行にコピーして「1行目削除、2行目出品」としても結果は同じです(その場合、出品行のIDは空欄にしておく)。

ただし1出品ごとに出品間隔を挟む事になるので、再出品完了までの時間はその分延びますが・・・。

「停止とか使ったこと無いんだけど」という方もいると思いますが、どうも1日あたりの「出品」と「削除」の回数でアカウント制限を掛けられるみたいな噂があって、削除でカウントを増やすかわりに「停止」で代用する事で、その分1日の出品回数を増やすとかなんとか。

あくまで”噂”なので事実かどうかは知りません。

でも停止だと「出品中の商品」一覧画面で停止商品が大量に残ると思うんですが、その処理ってどうするんでしょうね。停止漏れの古い商品とかあった場合の管理とか凄い面倒になりそうな気が・・・

どうやって出品しているか?

仕組みについても簡単に説明しておきます。

具体的に言うとSelenium使ってブラウザを操作しているだけです。API叩いたりとか特別な事はしていません。なので、画面の隅っこでこっそりブラウザ開いて操作しています。

↓実際に動かしている場面はこんな感じです。

Selenium使うならヘッドレスモード(非表示)でいいじゃん

って分かる人ならそう思うかもしれませんが、ヘッドレスモードだとプロファイル読み込んでもログイン状態を維持してくれないんですよね・・・

ログインさせようとしても「reCAPTCHA」が障害になるので、非表示のままだと私のレベルではちょっと厳しい。

という事でログイン時のreCAPTCHA認証はユーザーにやってもらう様にしています。APIあるのは知っていますが有料ですし。まぁ最初だけログインしてもらえれば次回以降はプロファイル読み込むだけで最初からログイン状態だからいいよね!

「reCAPTCHA」ってなに?と思う方は、ログイン時にこんなものを見たことはありませんか?

これがreCAPTCHA認証です。

一番最初に出品を行う時はこの認証を突破してもらいますが、Seleniumによるアクセスを検知しているからか結構時間掛かります。

解説についてはこんな感じですね。

スポンサーリンク

ダウンロード

以下の内容に同意頂いた場合のみ、ダウンロード可能です。


[ 利用規約 ]

当ブログ制作者:藤美れいん(以下「制作者」といいます)のウェブサイトにて公開しているプログラムを利用する方(以下「利用者」といいます)に、本利用規約が適用されます。
規約適用バージョン:2.50~2.60

(フリーソフト)
1 当ブログにて公開しているプログラム(以下「本件ソフトウェア」といいます)は特別の記載が無い限りはフリーソフトとして扱い、個人利用、商用利用を問わず、無料で使用できます。

(著作権)
2 本件ソフトウェアの著作権は、制作者に帰属します。

(禁止行為)
3 以下の行為を禁止します。
 (1)本件ソフトウェアの再配布
 (2)本件ソフトウェアを販売し、第三者から対価を得ること
 (3)本件ソフトウェアの改変・改良・解析行為全般
 (4)その他、制作者に損害をもたらす行為

(免責)
4 本件ソフトウェアに不具合があった場合であっても、制作者は修復の義務を負いません。
本件ソフトウェアを使用すること、または、本件ソフトウェアを使用できなかったことに関して発生した損害について、制作者は一切責任を負いません。
本件ソフトウェアを使用することによってアカウント停止等の措置が行われた場合について、制作者は一切責任を負いません。

(利用規約の変更)
5 本規約は、制作者が利用者に事前告知なく変更する場合があります。ただし規約の変更を行うタイミングはツールの更新と同時期とし、変更後の規約は該当バージョンのツールをダウンロードした際に適用されるものとします。

(利用状況の送信)
6 本件ソフトウェアを使用して出品操作を行う際、以下の情報を制作者所有のデータベースに送信させて頂きます。
 (1)出品した商品のID
 (2)出品日時
 (3)出品商品の商品名
 (4)出品商品の商品説明
 (5)出品商品の価格
これらの情報はあくまで参考として収集するものであり、制作者が利用者を特定することはありません。
また、上記以外の情報については一切収集を行いません。
 

以上
上記利用規約に同意される場合のみ、チェックを入れて下さい。

同意する




※入力されたメールアドレス宛にダウンロードURLが記載されたメールが送信されます。
 必ずご利用可能なアドレスをご入力下さい。

迷惑メールフォルダに割り振られている場合がありますので、メールが届かない場合はそちらも確認してみて下さい。

不具合報告は本ページ最後にあるコメント欄か、メール等でお願いします。

更新履歴

最新版の告知はこちらで行います。

表示が更新されていた場合は画面を上にスクロール頂き、再度ダウンロードをお願いします。

— —

■2019/4/26(Ver2.6)
 ・メニュー部分のユーザインタフェース変更
 ・「出品」、「再出品」などの処理指定方法に、新たに「更新」を追加
  ※詳細は本記事中の「更新について」を参照
 ・ツール上での商品編集機能追加
  ※詳細は本記事中の「編集機能について」を参照)
 ・「IDの取得に失敗」に関するエラーの修正

■2019/3/20(Ver2.53)
 起動に失敗する不具合の修正。

■2019/3/4(Ver2.52)
 2019年3月1日のWindowsUpdate影響に伴う不具合の修正。

■2019/2/16(Ver2.51)
 2019年2月のWindowsUpdate影響に伴う不具合の修正。


☆機能追加/修正案募集中

追加機能:更新について

Ver2.6で追加した「更新」の機能を簡単に説明します。

これはメルカリ上で「商品の編集」を行って、指定した内容に更新を行う処理です。

■「再出品を行うと「いいね」や「コメントのやり取り」が消えてしまうので、商品内容の変更だけを行いたい

■「出品している商品の数が多いので、再出品で編集すると1日あたりの出品数が多くなりすぎてしまう

という意見があったので実装してみました。

個人的にはGWの連休にあわせて「一部郵便物の配達が遅くなる」という文言を追加したかったので、ギリギリ実装が間に合って良かった・・・。

ちなみに通常の処理と同じで1処理ごとにインターバルを挟むので「連続で」という訳にはいきませんが、そこは間隔調整で何とか対応して下さい。

また、全ての項目が編集可能という訳ではありません。

編集可能な項目は次の「編集機能について」をご覧下さい。

追加機能:編集機能について

■「CSVでデータを作る際に、プルダウン形式で項目を選択したい

という要望があったのと、私自身が

■「取り込んだデータにミスが見付かった際、一々CSVを開き直して修正するのが面倒

と感じたため、ツール上で商品情報を修正できる機能を追加しました。

そもそもCSVはただのテキストファイルなのでドロップダウンとか無理なんですが、仮にそういう事を出来るツールを用意するとなると選択肢項目の管理が非常に面倒になるのでやりません。(特に出品カテゴリあたりが)

では編集の手順について説明していきます。

「編集」メニューの中にある「商品情報の編集」を選択すると、

この様なエディターフォームが新たに起動しますので、このフォーム上で編集を行います。

編集可能な項目は以下の7種類。

  • 処理
  • 商品名
  • 商品説明
  • 価格
  • 商品の状態
  • 発送方法
  • 発送までの日数

画像を見て頂けると分かる通り、発送方法など一部の項目に関してはドロップダウンから選択できる様になっています。

また、出品などの操作が終わると通常はメイン画面から表示が消えてしまいますが、この編集画面上では「処理済」という形で表示されます。

編集画面上で処理の項目を「処理済」⇒「再出品」に変更すると再度メイン画面上に現れますので、わざわざCSVを開く事無く再出品などの操作を行える様になります。

修正した内容は、「ファイル」メニューにある「CSVの上書き保存」を行う事で元のCSVに書き戻す事が可能です。

関連記事と広告

コメント

  1. ケンシロウ より:

    こんにちは!自分もvbaで出品ツール作ってみましたが断念しました。あなたはすごいと思います。今後も参考にと言うよりツールを使わせてもらいます!

  2. ケンシロウ より:

    コメント失礼します。先日レイン様のメルカリ支援ツールをダウンロードしツールを起動仕様としましたが、起動しませんでした。win10、Framework4.5以上、Google Chrome最新版です。ver250.exeをダブルクリックしてもツールが起動しないのですが他に原因があるのでしょうか。お忙しいところ恐縮ですがご教授ください。よろしくお願いいたします

    • 藤美れいん より:

      WindowsUpdateの影響に伴う不具合だったため、本日ツールの更新をさせて頂きました。お手数ですが、再度最新版をダウンロード頂きます様お願い致します。

  3. ECマーシャント より:

    こんにちは、私も副業でツールを開発しています。たまにサイトを拝見しています。
    ツール開発側として、なんで無料なのかと思っていたら、規約6がミソですね。納得しました。

    • 藤美れいん より:

      コメントありがとうございます!

      そうですね。
      有料だと手が出し難くなると思うので無料にしたのですが、多少なりこちらにメリットが無いと流石に出す意味が無いのでせめて情報収集でもという感じです。
      ただ実際の所、データ数を見て利用状況を確認するだけでデータの中身自体はほとんど見てないんですよね。面倒で(笑)。

      なのであまり懐疑的にならずに軽い気持ちで使ってもらえると良いかなーと思ってます。

  4. toshi より:

    コメント失礼します。ダウンロードさせていただきツールを起動しようとしましたが、起動しませんでした。win10、Framework4.5以上、Google Chrome最新版です。ver251.exeをダブルクリックしてもツールが起動しないのですが他に原因があるのでしょうか。よろしくお願いいたします。

    • 藤美れいん より:

      3月1日配信のWindows10用アップデートを当てると正常に動作しなくなる現象を確認致しました。
      修正版を公開済みですので、お手数ですが再度ダウンロードをお願い致します。

  5. hide より:

    コメント失礼いたします。
    先ほどダウンロードさせて頂きました、ありがとうございます。

    ツールの起動は出来たのですが、出品を実行すると
    ”出品商品のID取得に失敗しました。”
    と表示され出品出来ません。

    applog.txtを確認すると
    2019/03/05 15:59:59 – 出品処理中にエラーが発生しました
    2019/03/05 15:59:59 – 最終操作:カテゴリ2セット
    2019/03/05 15:59:59 – インデックスが配列の境界外です。
    と記載されております。

    csvファイルを確認してもカテゴリーはしっかりと入力されいると思います。
    カテゴリーは初回起動時にメルカリよりデータを抽出したものからコピーしているので間違っていないはずです。

    何が問題かわからず途方にくれております。
    PCはwin1064bit、FrameworkとChromeは最新です。
    支援ツールのバージョンは”ver.252”です。

    ご教授頂けると幸いです。
    よろしくお願い致します。

    • 藤美れいん より:

      「カテゴリ3」、「サイズ」、「ブランド」のどれかが影響しているとは思うのですが、現在の情報だけでは特定が出来ないですね。
      品名、説明文は消して頂いて構いませんので、実際に使用されたcsvファイルを当方のメールアドレスに送付頂けると幸いです。

      一応、他の商品(全然違うカテゴリの物が良いです)の場合はどうなるかも試してみて下さい。

  6. anony より:

    以前有料で公開されましたラクマ出品ツールですが
    下記エラーが頻繁に起こります。
    ご調査いただけますでしょうか、もしくはサポートは終了しましたでしょうか。

    オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません。

    • 藤美れいん より:

      あのツールは買い切り型として出していましたので、元々初期不良以外のサポート対応は行っておりません。
      恐らくラクマ側の仕様が変更されたのだと思います。申し訳無いのですが今の所対応の予定はありませんのでご了承下さい。

  7. mu-mu- より:

    初めまして、突然のコメント失礼します。一週間ほど前にダウンロードさせていただきツールを使わせていただいておりました。ですが3/19に改めてツールを起動しようとしましたが、起動しませんでした。win10、Framework4.5以上、Google Chrome最新版です。ver252.exeをダブルクリックしてもツールが起動しないのですが他に原因があるのでしょうか。
    お忙し中申し訳ございませんが、ご確認いただけますでしょうか。

    • 藤美れいん より:

      ご報告頂きありがとうございます。
      修正版に差し替えましたので、お手数ですが再度ダウンロードお願い致します。
      ※ダウンロードパスワードが変わっておりますので、申請フォームへの入力からやり直して下さい。

  8. 佐野 豊一 より:

    はじめまして、コメント失礼致します。

    先日ダウンロードさせていただき、使用させていただこうと思ったのですが
    hide様と同じようなエラーが出てしまい利用できませんでした。

    再出品すると削除されてしまいエラーがでて商品情報が消えたままとなって
    しまいました

    文言等もツールにて取得させていただいているものを利用しているため
    間違ってはいないと思うのですが

    また、別カテゴリーでも同じようなエラーがでてしまいました
    現状自分では解決できないため、

    環境は WINDOW7 office2003 64bit Chrome バージョン: 73.0.3683.103
        frameworks 4.72 ツールのVerは2.52 です
    logファイルでは
    2019/04/17 12:02:33 – 出品処理中にエラーが発生しました
    2019/04/17 12:02:33 – 最終操作:カテゴリ2セット
    2019/04/17 12:02:33 – NoSuchElementError
    Cannot locate option with value: 932

    上記となっております

    お手数をおかけいたしますが、ご教示のほど
    よろしくお願いいたします

    • 藤美れいん より:

      ご報告頂きありがとうございます!

      掲載しておりませんでしたが、恐らく既知のバグに関連しているものだと思われます。
      エラーが発生する原因としては、
      「カテゴリ2~3のいずれかのカテゴリ名が、カテゴリ1~2のカテゴリ名の中に完全一致する形で含まれている場合」
      に発生致します。

      例としては以下の通りです。
      ———————————–
      [NG例1]
      カテゴリ1:おもちゃ・ホビー・グッズ
      カテゴリ2:おもちゃ
      ———————————–
      これはカテゴリ2の『おもちゃ』というカテゴリ名が、
      カテゴリ1の中に含まれているためエラーとなります。

      ———————————–
      [NG例2]
      カテゴリ1:インテリア・住まい・小物
      カテゴリ2:キッチン/食器
      カテゴリ3:食器
      ———————————–
      これもカテゴリ3の『食器』という名前が、
      カテゴリ2の中に含まれているためエラーとなります。

      ———————————–
      [OK例]
      カテゴリ1:ベビー・キッズ
      カテゴリ2:キッズ靴
      ———————————–
      一見『キッズ』という単語が重複している様に見えますが、
      部分的に見ている訳では無く『キッズ靴』という単語でチェックしているため、この場合はエラーとなりません。

      若干分かり難いと思いますが、エラーになる条件は上記の通りです。
      ひとまずカテゴリを関連する別カテゴリのものに変更してご使用下さい。

      上記不具合については後日修正させて頂きます。

      • 匿名 より:

        藤美れいん 様
        お早いご連絡ありがとうございます

        ご教示頂いた方法にて試してみます

        よろしくお願いいたします

  9. ゆう より:

    藤美れいん 様
    ダウンロードして使い始めているのですが画像フォルダのところの階層が深いところまで指定できず、メルカリの出品中の商品を画像ファィルも取得するとフリマアプリ出品支援ツール\saved_pic\20190517と深いところに勝手に入ってしまいます。
    修正方法はないのでしょうか?画像がアップロードされず途中で止まってしまい出品できません。

    • 藤美れいん より:

      状況が良く分からないのですが、画像がアップロードされないという事はファイルパスに誤りがあるという事だと思います。
      CSVを読み込んだ際、ツール上で画像は表示されていますでしょうか?

      画像の読み込み先フォルダは自由に変更できますので、まずはそちらの設定を変えて試してみて下さい。

  10. 佐野 豊一 より:

    藤美れいん 様
    お世話になっております

    Ver2.6なのですが、早速使ってみようとしたところ
    商品情報を読み込み編集を押して、商品を読み出そうとしたところ

    DataGridViewで次の例外が発生しました:
    System.ArgumentException:DataGridViewComboBoxCellの値が有効ではありません

    このダイアログを書き換えるには、DataErrorイベントをハンドルしてください
    と表示されてしまいます、そのまま続けても読み込んだあとも同様のエラーが
    発生してしまってうまくいきません
    お手数をおかけいたしますが、ご教示のほど御願いいたします

    • 藤美れいん より:

      CSVを読み込んだ後にエラーが出るという事であれば、CSVの内容に問題があると思われます。
      ご連絡頂いている情報では原因の特定が出来ないので、可能であればCSVファイルを当方のメールアドレス宛に送信頂けると幸いです。

  11. 佐野豊一 より:

    藤美れいん様
    お世話になっておりまます

    ご返答ありがとうございます
    早速CSVファイルを送信させていただきました

    よろしくお願いいたします

  12. 太田 より:

    藤美れいん様
    お世話になっております。

    メルカリ再出品ツールということで本日ダウンロードして使用させていただいたのですが、再出品を指定した際に商品の削除はされましたが、出品がされていない状況です。
    その後、csvファイルにて同じ商品が処理済となっておりましたので、出品に変更して再度処理をさせて頂いたのですが、出品の反映はされていない状況です。
    特に処理完了までにエラー表記は出ておりません。
    画像、情報共に出品済みのデータを取り込み、使用しております。
    どのように対応すれば宜しいでしょうか?
    カテゴリーに関しては、レディース→その他→コスプレとなりますので、ワードの被りはないかと思います。

    何卒宜しくお願い致します。

    • 藤美れいん より:

      その情報だけですとちょっと分からないですね。
      自動操作している画面を拡大して、どこかにエラーが出ていないか、設定されていない項目が無いかを確認してみて下さい。

      • 匿名 より:

        ご連絡ありがとうございます。
        メールにて詳細をお送りさせていただきましたが、状況はご確認できますでしょうか?
        ご連絡頂けるとありがたいです。
        宜しくお願い致します。

        • 太田 より:

          匿名となっておりましたが、太田が質問させて頂きました。
          宜しくお願い致します。

          • 藤美れいん より:

            メールにて返信させて頂きました。

          • 太田 より:

            ご返信ありがとうございました。
            再度エラーが発生いたしましたので、改めて状況をメールにてお送りさせていただきました。
            ご確認頂けますでしょうか。
            宜しくお願い致します。

  13. より:

    藤美 様

    はじめまして、先月より利用させて頂いております。
    どうもありがとうございます。

    質問を失礼致します。

    再出品をする為にcsvデータを反映させようとすると、
    「商品説明が1000文字を超えています。」とエラーがでます。
    実際に出品中の商品データを取り込んでいるので、
    文字数制限には引っかかっていないはずなのですが、
    念の為に説明文を大幅に削ったり、
    その商品をcsvから削除すると次は別の商品に文字数エラーが発生します。

    原因・対処法がありましたらご指南いただけますと幸いです。

    • 藤美れいん より:

      うーん・・・考えられるとすれば、機種依存文字あたりの記号が文字コードに化けてる可能性でしょうか。
      元のデータは1000文字以内という事ですが、ギリギリまで入力していたりしませんか?

      ツールに読み込ませる前にCSVを直接開いてみて、何か変わっている点が無いか確認してみて下さい。

      • より:

        ご返信ありがとうございます。

        文字数はだいたい900文字で、環境依存文字はチェッカーで確認した所0でした。
        変わっている点も見受けられません。

        以前ツールを使用した時には再出品が成功した商品もありますが、全ての商品で共通の商品説明文章を使いまわしており、文字数はエラーに引っかかる商品と変わらないです。

        以前成功した商品にも、今回は文字数エラーが発生している状況です。

        うまくいった時といかなかった時の違いは、
        思い当たる限り一度に読み込ませる商品数位なのですが、
        関係ありますでしょうか?
        (成功時 約200品 失敗時 約400品)

        お手数をおかけいたします、宜しくお願い致します。

        • 藤美れいん より:

          商品の数は影響しないですね。
          こちらでも500品で試しましたが問題無く読み込める事を確認しました。

          商品説明が共通という事は商品名あたりに原因があるかもしれません。
          ただ思い当たる理由は今の所無いので、現物を見てみるしか無いですね。
          もし可能であれば読み込みに失敗したCSVファイルをメール等で送って頂けないでしょうか。
          エラーの状況さえ再現できれば文言等は変えて頂いても大丈夫です。

          • より:

            ご返信ありがとうございます。
            お手数をおかけいたします。
            掲載されていたGメールアドレス宛が送信できなかったので、メールフォームよりCSVの内容をコピーした物を送信致しました。よろしくお願い致します。